Visitors

ブログランキングに参加中↓

応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

プロフィール

shuffle

Author:shuffle
海外赴任に伴って2006年夏から2008年3月までベイエリアにに暮らしていました。その記録です。   
(East BayのEl Cerrito)
趣味:マジック、旅行

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ検索

全ての記事を表示する

リンク

メールはこちらに

RSSフィード

ブログランキングに参加中↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住んでいる街のエルセリートは周りに比べ比較的治安がいい。
ただし、治安がいいのは南のアルバニー側で北のリッチモンド側は治安が悪い。

Bartのデルノルテ駅から北側は結構危ない。

080208 1
デルノルテ駅北側

たとえば・・・ この事件。エルセリートBart駅としか書いてないけどたぶんデルノルテ駅のこと
・全裸男逮捕 2006年11月

・ハンバーガーショップ店長 強盗に撃たれて死亡 2007年4月
080208 2
事件のあったRED ONION

・寿司屋に強盗が入り客から金を奪う 2007年秋
080208 3
事件のあったYusan sushi

これらすべてデルノルテ駅の北側100m四方の中で起こっている。
どうにもうさんくさいと思っているのがこの近くのHome Depotの駐車場にいつもヒスパニック系がたむろしていて見るからに危険地帯。不思議なことにいつでもたむろしていて多いときには20人ぐらい固まっている。

080208 4
駐車場で用もないのにたむろしている人。

Home Depotあたりは危ないので夜は近づかない方が賢明です。

テーマ : カリフォルニアライフ - ジャンル : 海外情報

ダラーショップといえば日本で言う100円ショップ。いろんなものが$1で売られています。

080131 1
ピノールのダラーショップ

080131 2 080131 3
日本との違いは、清潔感とはかけ離れて商品が通路に散乱して雑然としているところ。だいたいどこのダラーショップでもこんな感じです。店員も商品をきれいに陳列、整理しようという気がありません。


080131 4 080131 5
マジックグッズを発見。購入してみることに。生意気に$1のくせして15トリックとか書いてますよ。

080131 6
案の定、材質はテンヨー製品を思わせるチープな作り。ま、$1だからこんなもんでしょう。ん??15トリックとかいってるのに4ギミックしか入ってないぞ??

080131 7 080131 8
説明書を見ますが15トリックまである?? ん、フレンチドロップの説明まで!!

もはやギミック関係ねえ!!

なんちゃってミカメクラフトと花瓶から水が出るギミックとパズルの紙とピルケースみたいなのが箱に入っていたのですが、このギミックらしくないピルケースって何だろう・・・

と、説明書を読むと・・・コインボックス!!!

このプラの材質でオキトのコインボックスはないわ~

値段的には子供用だけど要求技術があまりにテクニカルなのはどうよ!!

080131 10 080131 9
一応ターンオーバームーブをやってみる。軽くてつかいにくっ。

テーマ : カリフォルニアライフ - ジャンル : 海外情報

幼稚園でマジックをすることになって、いろいろネタを自作しなくてはいけなくなりました。
ちなみに必要なものは、磁石、カッティングシート、ウォンドの材料の木材、etc

こんな時日本じゃ楽ですよ。東急ハンズに行けばよりどりみどり。磁石なんかもサイズ、形の違うものが何種類もある。ところがここはアメリカ。材料集めの苦労が半端じゃありません。

とりあえず近くのホームセンターに行くことに。ホームセンターでは最大手のHome Depot
080124 1


080124 2 080124 3

噂によるとHome Depotでは家一軒建てられるだけの材料がそろうと言うことですが、イリュージョンの道具作るわけでなくそこまで大きな材料は必要ありません。ここはどっちかというとハンズというよりはカインズホームのような大型センターで小物ネタは充実していません。

あまりに困ってマジックショップの店長に相談することに。。。

私「ネタを自作したいんだけどどこの店に行ったらいいですか?」
店長「HomeDepotに行けば?」
私「いやいや、小物ネタはHomeDepotにはないですよ。」
店長「それならCraftShopに行けば?MichaelsとかJoannとかTapPlasticsとか」

どうもハンズのようなDIYショップはこちらではCraftショップと呼ばれているようです。早速それらの店にGO!!


Michaels
080124 4


080124 5 080124 6

080124 7 080124 8

一番小物が充実していてハンズっぽいですが種類の多さはハンズの足下に及ばない。ウォンドギミック用のハーフラウンドロッドがないのが痛い・・


Joann
080124 9 080124 10

布と毛糸関係が充実してますが小物のネタは多くない。


TapPlastics
いろいろ調べたらプラスティック、アクリル関係の加工までやってくれる店はここしかない。ただハンズと違うのは単純な長さのカットしかやってくれないこと。ハンズなら設計図を渡せばお望みの形大きさにカットしてくれるのに全く持って歯がゆいところです。
いろいろプラスティックフィルムがあったのでカッティングシートがあるか尋ねてみることに。

私「カッティングシート置いてますか?」
店員「何それ?」
私「フィルム状のもので粘着がついているシート」
店員「ああこれのことかい」  と私にビニールテープを渡す
私「いやいや、これじゃなくってシート状のもの。」

この辺で店員切れて
「おまえの英語は下手すぎてわからん!!!」

商品ではなくけんかを売られてしまいました。(>_<) さすがアメリカ人の店員の質の悪さは一級品!!

後で家に帰って調べてみると、アメリカにカッティングシートという単語はなく、「Vinyl Sheet」
もしくは「Cling Vinyl Sheet」というみたいです。日本だとカッティングシートなんてありふれてますがこちらではあまりみないなあ。

アメリカではハンズのような小物商品が充実した店がありません。手品関係ばかりでなく、研究道具も自作しているのですがこちらではどうも自作する気になりません(アクリル板の品揃え不足が致命的な故に)しかも何店舗もはしごして品揃えがハンズの足下にも及ばないとは。。

アメリカに来ていかに東急ハンズが偉大であるかを思い知らされました。(^^;)

テーマ : カリフォルニアライフ - ジャンル : 海外情報

シェービングジェルが切れたので日系スーパーに買いに行く。
どうにもこちらのジェルって使い勝手が悪い。そこで、こちらで使っている日本製のトイレタリー製品をあげてみる。

・シェービングジェル
 こちらのはなぜか発泡し、ジェルというよりは石けんに近い。水ですすいで落とすのが大変。

・電動歯ブラシ
 ソニケータータイプの高価なやつでなく、振動する安価なもの。歯ブラシ部分が異常に大きく子供用で日本人にはちょうどいいみたい。いろいろ探したけど小さいタイプはない。

・髪の染色剤
 Targetで売っているロレアルを試したけど、栗毛色、茶色等どの色を使っても黒にしかならない!!日本人の髪色には合わないみたい。

・歯磨剤
 日本にもあるアクアフレッシュを使っているけど、日本にあるような再石灰化やら研磨剤配合やらの高機能な歯磨剤はないみたい。


こちらのトイレタリー用品ってやたら香料がきついような気がします。(バブルバスとかシャンプーとか。)
一方日本にあるような消臭剤(スプレー剤でなく据え置きタイプ)はありません。
(下駄箱とかトイレに置きたいのに)


テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

ワインを買いに酒屋のチェーン店BEVMO!まで出かける。
最近はよくワインを飲むので2日に一回はここにお世話になっている。

で、店内に入ってワインを品定め。前方から店員がカートにたくさんの水を載せてやってきたので通路をちょっとよける。
しばしたってから後方から ガッシャーン というけたたましい音が。

先ほどの店員が無理に通路を曲がったために店内に陳列しているワインケースをひっくり返して赤ワインが何本も割れる。

幸いなことに私の方までワイン瓶が接触しなかったのですが後方から勢いよくワインが足下にぶつかってきたので大量のワインの洗礼を浴びることに。

被害:シューズ ちょっと赤く染まる
   靴下   1/3は染色
   チノパン 半分赤く染色、人を刺し殺してきたかのような汚れ

赤ワインだからこりゃ落ちないな~。たぶんチノパン弁償になると思うけど値段いくらくらいだったっけ?たしかWestFieldのエディバウアーで買ったよな。。。
と思案中、店のマネージャーがやってくる。さて、どういう対応をとってくれるのかと思ったら。

20080105151914.jpg
これの一番小さな容器を差し出し(Wine Awayというワイン染み抜き剤)
「これで落ちるからさ、洗ってみてよ」とこともなげに言う。

もうね、アフォかと!!

な~んかわるびれずに洗えばいいよみたいなことを言うからさすがに切れましたね。ほんと、アメリカ人の従業員の質の低さは筋金入り。しかもこちらはチノパンの半分が染色されているのに修正液くらいの小ささでカバーできるとはとうてい思えない。
「こんなので洗える分けないだろう」と怒鳴ったらさすがに大きいのを持ってきましたが。
日本だったらどうでしょうかね。少なくともクリーニング代は弁償。クリーニング染み抜きで落ちなかったら弁償でしょう。マネージャーならそのくらいのことわからないかなあ・・・

帰宅最中も車の中がワインくさいことワインくさいこと。

さて帰宅してから早速Wine Awayを噴霧して洗ってみることにします。

20080105153009.jpg 20080105153026.jpg
被害のあったチノパン

20080105153225.jpg 20080105153246.jpg
スプレー液を噴霧して3分間待ち、洗濯します。

洗濯乾燥後・・・


20080105153415.jpg 20080105153433.jpg


落ちてねえぇ!!

たしかに赤ワインの色は薄くなりましたが染みは依然あります。色の濃いシューズ、靴下の方は落ちた(目立たなくなった?)のでこのチノパンのように色が薄いものに対してはWine Awayは効果薄いということになります。

速攻でBEVMO!に戻り染みの落ちていないチノパンを見せてどうしてくれるのかと詰め寄ったところ、とりあえず本部に指示を仰ぐ(弁償か代替えかは不明)ので2,3日お待ちくださいとのこと。
しかし新年早々さい先悪いスタートとなりました・・・・


テーマ : カリフォルニアライフ - ジャンル : 海外情報


« 前のページ | Home | 次のページ »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。