Visitors

ブログランキングに参加中↓

応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

プロフィール

shuffle

Author:shuffle
海外赴任に伴って2006年夏から2008年3月までベイエリアにに暮らしていました。その記録です。   
(East BayのEl Cerrito)
趣味:マジック、旅行

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ検索

全ての記事を表示する

リンク

メールはこちらに

RSSフィード

ブログランキングに参加中↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コインマジックマニアなら使用ハーフダラーは当然1964年の銀含有率が高いぴかぴかのシルバーコイン。輝き、音がちがいます。
値段も段違い(64年で¥1800ぐらい、ニッケル製だと¥300)

ただ学生時代からシルバーコインは避けていました。それは、コインは消耗品だと考えていたので。

コインは確かにカードと違ってそれほど劣化はしませんが、長年使用するとどうしてもエッジが削れてなめらかになりグリップに影響します。エッジグリップ、ダウンズパームに影響してくるのでエッジがなめらかになるとコインを丸ごと買い換えていました。それ故に64年製でそろえると出費が大変な事に!!


最近購入したオールドモルガンコイン($1コイン)のソフトコインが結構お気に入りです。シェルとかダブルフェイスを使わないのであればすべてこれで手順を組みたいところ。ただ問題が一つ・・・
すべてなめらかなためにエッジまでつるつるなのです。ダローの3FLY3のようにエッジを使わないのであれば無問題ですがポールウィルソンの3コインの手順をやろうとするとダウンズパームが入るので問題ありです。

20080116044821.jpg
エッジをホールドするにはつらい


20080116044902.jpg
ちなみにハーフダラーのエッジ。ぎざがあるためホールド容易。


20080116045003.jpg 20080116045108.jpg
そこでヤスリでコインのエッジの溝を切ってみることに

20080116045256.jpg 20080116045305.jpg
溝切り前と後

新しくエッジを削ったので銀がぴかぴかして側面の外観はちょっとという感じになりましたがまあしょうがないでしょう。


20080116045712.jpg 20080116045726.jpg
エッジの溝のおかげでロールダウンも簡単に。

ここで一つ問題発生。コイン同士だと問題ないのですがコインをマットのような柔らかい上に置くと引っかかりが出るようになりました。(マットが少し沈んでコインの側面に当たるため)
故に、チンカチンク、ベアハンドのマトリクスコインではマットにすれる音が出てしまいます。なかなかうまくいかないところですね・・

スポンサーサイト

テーマ : マジック、手品 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| Home |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。