Visitors

ブログランキングに参加中↓

応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

プロフィール

shuffle

Author:shuffle
海外赴任に伴って2006年夏から2008年3月までベイエリアにに暮らしていました。その記録です。   
(East BayのEl Cerrito)
趣味:マジック、旅行

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ検索

全ての記事を表示する

リンク

メールはこちらに

RSSフィード

ブログランキングに参加中↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカではチーズが安いであろうと、日本で使っていたチーズフォンデュセットを持ってきている。
日本にいるときは、チーズ王国のお手軽フォンデュセットでチーズパックを買ってきてフォンデュをやっていたけど、せっかくだからパックでなくチーズを買ってきてフォンデュにトライ。


伸びのエメンタール、こくのグリュエールをベースにチェダー、パルミジャーノを細かく砕く。鍋に入れて加熱し、牛乳を入れて溶かしてフォンデュのベースを作るつもりが・・・・

液体とガムに分離してペーストにならない!!


ネットで検索しても失敗の原因がわからないのでmixiのフォンデュコミュに入って尋ねたところ、コーンスターチか小麦粉のようなデンプンを入れないと分離するとのこと。なるほど。コーンスターチって粘度調整のために入れるものでフォンデュの粘り具合を見てから入れようと思っていたのが徒になったみたい。まさかスターチが液体と固体のつなぎの役目をしていようとは!!


リベンジ 再度トライ
20071106035850.jpg
エメンタール、グリュエール、チェダー、パルミジャーノを細かく砕く。すり下ろせる堅さのものはチーズおろし器でおろす。

牛乳にコーンスターチを入れて砕いたチーズを少しずつ入れて煮溶かす。
20071106040117.jpg
今度はペースト化に成功。

一件落着と思いきや、なぜかフォンデュがざらっとした舌触り。どうもチーズの何かが溶けていないような雰囲気。こくを出すためにパルミジャーノを加えたけどハードタイプのチーズを加えたことが良くなかった?うまくいくための道のりは長い・・・


追記
鎌倉レ・ザンジュというお菓子やさんのサイトを見ると・・
「エメンタールやグリュイエール、ゴーダは、形を残さずに溶けるけれど、チェダーやパルミジャーノは形を残した状態のまま溶けます。」

チェダーやパルミジャーノは熱しても形が残るっていうことですかい。そりゃざらざらするわけだわ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| Home |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。