Visitors

ブログランキングに参加中↓

応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

プロフィール

shuffle

Author:shuffle
海外赴任に伴って2006年夏から2008年3月までベイエリアにに暮らしていました。その記録です。   
(East BayのEl Cerrito)
趣味:マジック、旅行

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ検索

全ての記事を表示する

リンク

メールはこちらに

RSSフィード

ブログランキングに参加中↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々回のナパ、前回のアマドーとワイナリー巡りでいまいちぱっとしない。自分の舌がイタリアワイン仕様になってしまったのか?しかし最近Bevmo!のサイトでいろいろ検索出来ることに気がつき、90点以上で安いナパのカベルネとかメルローを飲んでみると結構いける。もうナパに行く必要ないのでは・・・
そこで、今回はオーパスワンもかすむような高級ワイナリーを選択。ここで満足しなかったら自分の舌が悪いということでもうナパに行くことはありません。まさに背水の陣。で、チョイスしたところは

Jarvis Vineyards
ナパ随一のゴージャスワイナリー。ワイナリー全体が洞窟の中。予約時にクレジットカード番号を聞かれる。結構予約が混んでて週末だと午前中しか空きがないとのことだったので10時にアポを入れる。

Joseph Phelps
フランスのボルドータイプのCabernetブレンド「Insignia」で知られるワイナリー。Insigniaは2005年のWine Spectator誌のWine of the Yearに選ばれたこともある。タカムラワインハウスでの説明

Quintessa
オーパスワンを遙かにしのぐと噂のワイナリー。チリのワイン王が近代醸造技術の粋を尽くして90年から始めたワイナリーらしい。ワインセラーパリ16区の説明

Stag's leap wine cellars
1976年にパリ世界博で開催されたブラインド・テイスティングで赤ワイン第一位に輝いた。テイスティングに予約がいらないところが都合がいい。タカムラワインハウスでの説明

我ながらすごいチョイスだ・・・まるで、先発ダルビッシュ、中継上原、抑えJFKのような豪華布陣。これだけ選んでおけばどこか満足するところあるだろう。。
早起きして出かけJarvis のワイナリーに到着。


Jarvis Vineyards
20071008124419.jpg 20071008124438.jpg
ワイナリー全体が洞窟

20071008124715.jpg 20071008124733.jpg
ワイナリー内部。滝があったり水晶があったり異常にゴージャス。

30分ほどの洞窟内のツアーの後テイスティング。ティスティング部屋は大理石のテーブルのこれまたゴージャスな部屋。6種類のワインが出される。
2006 Estate Chardonnay
2002 Cabernet Franc
2004 Merlot
2002 Lake William Blend
2002 Cabernet Sauvignon
2001 Cabernet Sauvignon Reserve
シャルドネがクリスピーでふくよかで美味。まるでSauvignon Francのよう。他の参加者も「このシャルドネはすごいね」という意見。赤ワインではメルローがまずまず。カベルネは期待ほどではなし。シャルドネがハーフボトルでも販売して手頃($21)だったので購入。
Tasting 要予約$30

Joseph Phelps
20071008130046.jpg 20071008130104.jpg
こちらもリッチな門構え&建物

20071008130529.jpg 20071008130635.jpg
テイスティング場は屋外のピクニックエリアのようなところ。丘からの眺めが気持ちいい。
種類は6種類。

2005 Chardonnay Fog Dog
2005 Pinot Noir Fog Dog
2005 Le Mistral
2004 Syrah
2005 Cabernet Sauvignon
2004 Insignia

Insigniaはカベルネ、メルロー、マルベック等のブレンド。年によってブレンドが変わるらしい。ここのフラッグシップだけあってすごい余韻があるエレガントな味わい。でも好みかというと。。。うーん・・・
Tasting 要予約$20

Quintessa
20071008132153.jpg 20071008132224.jpg
ここもゴージャスな建物。

20071008132354.jpg 20071008132416.jpg
受付で予約名を行ってからティスティングルームに呼ばれる。テーブルにワインがサーブされていてそこに説明の人が来て説明してくれる。説明してくれる人はかなり親切でフレンドリー。座って説明を聞きながらティスティング出来る。

20071008132702.jpg
左が93年、右が2004年のQuintessa
ここはQuintessaブランドのCabernet Sauvignon1種類しかない。この週は特別で93年ものもティスティングできた。で、93年ものをいただいたのだが・・・

まいりましたm(_ _)m

格が違う。ナパで有名なところも含めて何十種類も試したけど間違いなくこれがNo.1。ボルドースタイルのカベルネはバランス、香り、味の広がりがすばらしい。2004年も普通においしいんだけど93年と比べるとまだまだ若い。Quintessaが安ければ買っていっただけど2004年で$125なので見送り。せめて$100以下ならなあ・・・

1993 Quintessa
2004 Quintessa

Tasting 要予約$35


Stag's leap wine cellars
20071008134217.jpg 20071008134233.jpg
ここは本日唯一予約のいらないワイナリー。かなりの混み具合。

20071008134534.jpg
で、ティスティングしようとおもったら、2種類あり、1つは通常6種のワインが試せて$15、もう一つはEstateの2種のワインが試せて$15。ワインの種類を見てみると、どちらにもここのフラッグシップのCask23がはいってないじゃん。。。帰ろうかなあ。。
思い直してEstateの方を試す。結構混んでいるのでお金を払うにも一苦労。

20071008135232.jpg 20071008135248.jpg
うーん、やっぱり微妙。

2005 Estate Chardonnay
2004 Estate Cabernet Sauvignon

Tasting 予約不要$15


今回気づいたのだが、ティスティングはやはり予約がいるワイナリーの方がいい。予約がいるワイナリーはティスティングにもワインをデキャンタからグラスに注いでくれてワインを丁寧に扱っている。飲む方も座って集中して味わうことが出来るので混雑した中で立って味わうのでは同じものを試したとしても味わいに格段の差があるだろう。
いままで利便性から予約のいらないワイナリーを選んでいたがこれからは予約の必要なワイナリーを攻める必要があるなあと痛感した一日だった。それにしてもQuintessaはすごかったなあ・・・
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| Home |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。