Visitors

ブログランキングに参加中↓

応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

プロフィール

shuffle

Author:shuffle
海外赴任に伴って2006年夏から2008年3月までベイエリアにに暮らしていました。その記録です。   
(East BayのEl Cerrito)
趣味:マジック、旅行

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ検索

全ての記事を表示する

リンク

メールはこちらに

RSSフィード

ブログランキングに参加中↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナパにていくつかのワイナリーを訪問するも、どうもいまいちしっくり来ない。これは日本にいるときにイタリアワインばっかり飲んでいたために舌がイタリアの味に慣れてしまってカリフォルニアワインがどうも軽く感じられてしまってせっかくワイナリーでテイスティングしてもいまいち楽しめない。
オーパスワン、シルバーオーク、コッポラ、モンダビ、ダックホーン等々いろいろ巡ったけど、あと行ってみたいメジャーどころは、JarvisQuintessaぐらいか?

そこでふと考えた。もしカリフォルニアでイタリアワインで用いられているブドウを栽培しているなら味もイタリアワインチックなのではなかろうかと。
ネットで調べてみたらこの近くでありましたよ。AmadorとEldoradoというところが。

070903 1
ここら辺

ここらはトスカーナ地方で栽培されているキャンティワインに使われるサンジョベーゼ種、バローロ、バルバレスコで使われるピエモントで栽培されるネッビオーロ種、他バルベーラ種とかを栽培しているらしい。

ここのサイト(Siera Wines)がワイナリーの情報が詳しいのでここでワイナリーをチェックすると・・・
かなりのワイナリーの数。とても1日ではまわり切れそうな数ではないので、バローロに使われるネッビオーロを栽培しているワイナリーでティスティングルームが広そうなワイナリーに目星をつける。
で、うちからAmadorまで車を飛ばして2時間かけてGO。だいたい12時ぐらいにAmadorに到着。最初のワイナリーでランチを試みる。

Story Winery

このあたりで唯一ピクニックエリアがあるワイナリー。ナパのV.Sattuiのようにデリも併設されているかと思いきや場所とティスティングルームだけで後は何もなし。 ティスティングでZinfandelを試して近くのレストランに向かう。
070903 2 070903 3
ピクニックエリアをもつワイナリー。イタリア固有のサンジョベーゼはなし。ジンファンデルが多い。

Villa Toscano

ランチ後向かったのがイタリアチックな建物のワイナリー。中はかなりきれい。ここでサンジョベーゼをティスティング。まごうことなきキャンテイワインの味。これはいける。バルベーラはちょっと??
070903 4 070903 5
これぐらいいけるなら、次以降のワイナリーでおいしいものがあれば購入することに決定。

Karmere Vineyards and Winery

バローロ好きな身としてはここはネッビオーロを栽培しいているので楽しみにしていたところ。で、ティスティングでさっそくネッビオーロを試す。
「ネッビオーロをお願いします」
「うーん、うちはシラーとネッビオーロのブレンドしかないよ」
で、ブレンドを試してみましたが・・・これがイタリアワインとは全く異なる味。こりゃ~ちょっといけんわ。はっきり言ってついて行けない味。シラーとブレンドするとこんなひどい味になるとは・・サンジョベーゼはないと言うことなのでそうそうに退散。
070903 6 070903 7
ワイナリーの建物はかなり天井が高く開放的

Renwood Winery
検索ではネッビオーロがあったんだけど実際にはサンジョベーゼもネッビオーロもなくジンファンデルが主流。うーん・・・
070903 8 070903 9
ワイナリーの入り口に”Big Crush”のポスターが。10/6,7にAmadorで行われるフェスティバルらしい。

Stonehouse Vineyards & Winery


070903 11
2005年に出来た比較的新しいワイナリーらしい。

070903 12 070903 13
ワイナリーの中は多くの絵が飾ってありまるで美術館のよう。
ここではカベルネソービニヨンを試す。わりとおいしい。イタリア固有のブドウはなし。

ネッビオーロ主体に廻った結果イタリアのバローロ、バルバレスコのようなワインはなし。サンジョベーゼ主体にワイナリーを巡ればおいしいワインが見つかるかもしれないが、トレーダージョーズでルフィーノキャンティ ドゥカーレが$20以下で置いているのでサンジョベーゼに$30以上も払う気になれない。ここAmadorはジンファンデルのワインが多くティスティングは無料なのでジンが好きであればナパよりお得感がある。ワイン自体もナパより安い。
思ってた以上にワイナリーの数も多いのでじっくりティスティングで1日まわれば楽しめると思う。
(もうちょっとうちから近ければいいのだが・・・)
スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| Home |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。