Visitors

ブログランキングに参加中↓

応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

プロフィール

shuffle

Author:shuffle
海外赴任に伴って2006年夏から2008年3月までベイエリアにに暮らしていました。その記録です。   
(East BayのEl Cerrito)
趣味:マジック、旅行

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ検索

全ての記事を表示する

リンク

メールはこちらに

RSSフィード

ブログランキングに参加中↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末サンマテオに来たのは実はこれが目当て。ベイエリアのイベント情報を見るとPowerRangersがサンマテオのトイザラスに来てデモンストレーションを行うらしい。たぶんなにかのショーをやるんだと思って、トイザラスにGO!

20071030051724.jpg 20071030051735.jpg
広大なトイザラスの駐車場にすでにトラックがスタンバイ。このトラックの側面を開けてそこでショーをするのか??

20071030051906.jpg
リムジンの側面は歴代のレッドが!

これだけ赤ばっかだとちょっと怖い!!
他のメンバーの立場は!!この中に歴代のレッドが座ってて時間になったら出てきて演劇をするのか??

時間になってようやく始まったのですが、なんとショーなし!!ボウケンジャーの赤とピンクが出てきて写真撮影とちっぽけなゲームコーナーを設営しただけ。なんたる子供だまし。。ショーぐらいやらんのか・・・

20071030052337.jpg 20071030052351.jpg
滑り台、さっきのトラックはこれを積んでいただけ。

20071030052443.jpg
おもちゃのお札取り放題コーナー

20071030052520.jpg 20071030052533.jpg
この2人と写真撮影するだけ!!なんとも微妙すぎなデモ・・・で、この二人がでかい。赤で2mぐらい。ピンクでも170cmはある。さすがアメリカン。

こっちのPowerRangersってPowerRangersというメインタイトルは変わらなくてサブタイトルだけ変わっていく。マジレンジャーならMystic Force、ボウケンジャーならOPERATION OVERDRIVE。じゃ、今のゲキレンジャーはPowerRangers マーシャルアーツって名前にかわるのかなあ。

日米の違い

ボウケンジャー


Operetion Overdrive
スポンサーサイト
サンマテオ日本庭園(Japanese Tea Garden)はサンマテオのCentralPark内の一角にあり茶室などがある日本情緒を感じさせるスポット。紅葉を見にここへ。

20071030050308.jpg 20071030050326.jpg
入り口

20071030050418.jpg 20071030050513.jpg
茶室と噴水

20071030050546.jpg 20071030050600.jpg
一部紅葉していたけど本格的な紅葉はまだまだ。来月みたい。

テーマ : カリフォルニアライフ - ジャンル : 海外情報

日本人や日本レストランが多いサンマテオに出かける。
目的はこの辺のラーメン屋でラーメンを食べること。この辺ではさん太が有名だがかなり並ぶので(1年前に行ったら30分は待たされた)ひまわり亭に行くことにする。

ひまわり亭
20071030044251.jpg 20071030044320.jpg
外観と内装

塩が人気らしいので塩あさりラーメンを頼む。家族は味噌ラーメン。
20071030044421.jpg
塩あさりラーメン

塩あさりラーメンはまずまず。味噌は・・・しょっぱい、ぬるい。うちの子供は味噌ラーメンが好きなんだけどかなり残す。ストレート太麺が味噌に合ってない。周りを見るとシュウマイとか頼んでる客もいたりしてサイドディッシュは美味しそうなのに残念。

香風

20071030044845.jpg 20071030044857.jpg
香風の外観

3週間前に香風に出向く。香風はサンノゼMitsuwaのどへんこつらーめんの跡地にできた比較的新しいラーメン屋。

20071030045049.jpg 20071030045103.jpg
ミニ丼と味噌ラーメンを頼む。麺が黄色の縮れ太麺なので味噌によく合う。ここの味噌はまるで札幌ラーメンのようで結構いける。再度訪れたい。他のお客の注文を見る限り野菜炒めも美味しそうだった。

テーマ : カリフォルニアライフ - ジャンル : 海外情報

20071024040507.jpg
この突端部分
サンフランシスコ、ゴールデンゲートブリッジの北側の太平洋側のポイント・レイスに行ってみる。冬(1,2月)はここからホエールウォッチングが出来るらしい。ここに行くルートはミュアウッズからCA-1を通って北上。ただここの道がかなりのくねくね道なので(景色はいいけど)乗り物に弱い同乗者がいるとつらいかも。Point Reyesについても突端の灯台までは結構距離がある。

20071024040915.jpg
到着。駐車場からビジターセンターまでの道のり。10分ぐらい歩く。

20071024040907.jpg
途中Point Reyes Beachが真っ直ぐ見える。

20071024041312.jpg
この日は快晴だったけど風が強烈。海風のせいで木々も斜めに生えている。

20071024041424.jpg
ビジターセンター。地図やちょっとした土産物など。

20071024041502.jpg 20071024041514.jpg
このセンターから300段以上の階段を下りて突端の灯台まで。強風だったのでかなりつらい。

20071024041651.jpg 20071024041711.jpg
灯台、この海の先に日本が・・・

20071024041939.jpg 20071024041950.jpg
周りは切り立つ崖で落ちたら命がない。

20071024042049.jpg
強風の中この登りはつらい・・案の定翌日筋肉痛に。

帰りはTomales Bayまで行ってHog Islandによって、kumamotoとsweet water(牡蛎の種類)を購入。先月食べたときよりさらに美味しくなってる。そろそろ鍋物の時期か??

20071024042333.jpg
小さいのがkumamoto、大きいのがsweet water
むかーし、学生時代に札幌に住んでいたときのこと。
札幌で有名なケーキ屋は全部制覇、ぐらいの甘党。

東京に出てきてケーキ巡りは店が多すぎてなかなか廻れないけど
それでも、モンサンクレール、タカギあたりはチャレンジしたことあるし
イデミスギノは2回ほどトライして、品切れで玉砕(人気ありすぎ)

もっぱら池袋が主戦場だったんだけど、キハチからテオブロマに落ち着く。
ここのチョコ関係は絶品なんだけど苺ショートもスポンジの柔らかさと甘さ控えめ
上品な味がお気に入りで、クリスマスケーキはいつもここ。

で、もってアメリカのケーキですよ。こういった有名店と比較するとアメリカのケーキのひどいこと、ひどいこと。
でかくて甘けりゃいいんだろ、みたいな。ただ人を太らせるみたいなケーキというよりはトラップ?

20071024015816.jpg 20071024015828.jpg
Safe wayのケーキ。でかいし毒々しい!! とても食い物に見えない!!

やっぱりケーキは、上品さ、控えめな甘さ、見た目、小ぶりさ。
そんななかでも、評判になっているこちらのケーキ屋にトライしてみましたよ。


La Farine French Bakery
オークランドとバークレーの境のcollage ave沿いのパン屋と併設のこのケーキ屋、タルト関係が多かったけど、う~ん・・・
どぎつい色と大きさに食欲失せる。
買わずに店をでて、ホールフーズのケーキに変更。パンはおいしいらしいけど。
20071024020607.jpg 20071024020625.jpg



Satura cakes
マジックコンベンションの帰りにスタンフォード大近くのPalo Altoに寄る。
(本店はLos Altos)

小ぶり、きれい。甘さ控えめ。日本の表参道のケーキ屋と提携しているみたいで確かに日本風だわ。値段のお高めだけど。
苺ショート、プリン、ブルーベリーチーズケーキ、ティラミスをゲット。
プリンがバニラビーンズが効いてておいしい。ティラミスも美味。
ショートは・・・ちょっとスポンジがソフト感が足らないかなあ。

しかしながら(アメリカにしては)おいしい。クリスマスはここで決まりかな。
ウェブからケーキ予約してピックアップ出来るみたいだし。

20071024021102.jpg 20071024021115.jpg
店の外観と中

20071024021147.jpg 20071024021157.jpg
購入したケーキ。おそらくここがベイエリアNo.1のケーキ屋。


Masse's Pastries
我が家からもっとも近くにあり、Shattuck通り沿いにあり。
1個がでかい。。2回りは小ぶりでいい。
ショートケーキを頼もうとしたら「ない」とのこと。うーん使えん。
ここも甘さ控えめ。注文はマンゴー、オペラ、レモンとブルーベリー、ラズベリー。
果物の味を生かしていて味が濃い。控えめな上品さではないので日本風ではあるけれどあくまで似て非なる物。
20071024021936.jpg 20071024021949.jpg
店の外観と内部

20071024022014.jpg 20071024022026.jpg
購入したケーキ


The Chestnut Bakery
サンフランシスコ、マリーナ地区にあるケーキ屋。味はまずまず、だけどリピートして買うほどでは。。。1個がでかい。
20071024022623.jpg 20071024022637.jpg



Citizen Cake
サンフランシスコでは一番有名なケーキ屋。レストランと併設されている。このサイトではべた褒めしてるけど・・・
20071024023329.jpg 20071024023340.jpg


20071024023401.jpg 20071024023413.jpg

全く購買意欲がわかない!!なんだろ?この貧相な品揃えは?むしろ隣のアイスクリームブースの方がまだまし。8月いっぱい改装工事やってたからケーキからレストランの方にシフトしちゃったか???これがサンフランシスコ一有名なケーキショップなんてありえな~い。



いろんな人に聞いてみると、アメリカのケーキってやっぱり美味しくないんで、
それでみんな自分でお菓子とか作ってるそう。
もし日本の美味しいケーキ屋がこちらに進出してきたら席捲しそうだなあ。

結論:やっぱり日本のケーキが一番。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : ケーキショップ、

楽天ショップでも有名なワインショップ:タカムラワインハウス
日本にいるときはメルマガで届いた情報の中からよさそうなワインを通販でよく取り寄せていた。そのメルマガの中でよくある煽り文句が

あの「神の雫」で取り上げられた!!

というもの。どうやら神の雫っていうのは美味しんぼのようなグルメ漫画らしい。連載開始以来、日本のワイン市場に多大な影響を及ぼし、韓国ではこの本をきっかけにワインブームがおこっているらしい。ふーむ・・ワインの漫画ってこれしか知らないけど・・

20071016084141.jpg
何か違う


神の雫-wikiのあらすじから
______________________________________
フランス料理店でソムリエ見習いとして働く紫野原みやびは、ワインに関する間違いを指摘したことで客の機嫌を損ねてしまった。だが、そこでその客の連れとして来ていた神咲雫の神業のようなデキャンタージュによって救われた。

ビール会社で営業マンとして働く雫は、新たに設けられるワイン事業部への異動を命じられる。その異動は、父親が世界的なワイン評論家であるということと関係があるらしいが、雫はそんな父親に反発して、ワインに関してはまったくの素人であった。

そんな時、突然の父親の訃報。彼はある遺言を残していた。それは、彼が選んだ12本の偉大なワイン『十二使徒』と、その頂点に立つ『神の雫』と呼ばれる幻の1本が何年作の何というワインなのかを期限までに『すべて』当てた者に遺産の全てを譲渡するというものであった。
______________________________________

気になったのでジャパンタウンの紀伊国屋で神の雫の1,2巻を購入してみる。

20071016063639.jpg

一読して・・・・う~ん、十二使徒をさがすなんて究極メニューを探す美味しんぼみたい。ワインをテイストして異世界に行ってしまうあたりはまるで聖闘士聖矢のようだ・・・つっこみどころ満載。
20071016085516.jpg
いいワインを飲むとほぼ毎回このようにトリップします。

で、気になったのが1巻でのChateau Mont Perat(シャトー・モン・ペラ)(¥2000代)
ボルドー第1級ワイン、ラフィット92点、シャトーマルゴー92点よりも高い評価の94+点を受け国内外のワインコンクールの数々の賞(8項目以上)を獲得!パーカー氏も 『まだ名前の知られていない、最高のボルドー・ワイン』と絶賛しているとのこと。
漫画の中では同年のカリフォルニア高級ワインオーパスワン(¥20000)よりも美味しいと評価されています。

この漫画の影響か2001年のモンペラはネットで探す限り日本では入手不可能。でもここはアメリカなので神の雫の影響もあまりなかろうということでさっそくBeverage&Moreのサイトで在庫があるかどうか調べてみる。

お、なんだ在庫あるじゃない。2003年だけど。さっそく入手しに近くのBeverage&Moreに出向く。

20071016044817.jpg

お~日本じゃ品切れの2001年がごろごろ転がってますよ。日本じゃ値上がりして¥4~5000だったけどこちらでは$24.99 安い!!
速攻入手して家に持ち帰って試飲。

どっと来る甘みと余韻の残る酸味。デキャントして30分には酸味が控えめになっていく。確かに話題になるだけはあります。美味しいです。ボルドーもいいな・・・

ちなみに神の雫の主人公はこれを飲んで、「クイーンが聞こえた。」とか言ってます。
20071016064430.jpg
こんな感じ

さすがに何回飲んでもクイーンは出てきませんでした。がんばっても初音ミクのみくみくにしてあげる♪ しか聞こえません・・・

  シャトー・モンペラ[2004]

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

タグ : ボルドー シャトーモンペラ

高校の時、「ペン回し」って別名「浪人回し」って言われててくるくる回してると「落ち着きない」と先生に怒られた記憶がある。
で、やめようと思ったんだけどこれが中毒のようでやめることが出来ない(^^;) センター試験では鉛筆(シャーペン禁止)だったのでペン回しで鉛筆落とすと坂を転がってどこまでも鉛筆が落ちていったり、ボールペンを回せばインクが漏れたり、まあ勉強には全く役に立たないものだった。役に立ったことといえばせいぜいステージマジックのウォンドの演技の時にフラリッシュがやりやすかったというだけ。昔はペン回しなんてネガティブなイメージしかなかった。

ところが今じゃ、日本ペン回し協会なんてあるのね!!
ペン回し専用のペンがタカラトミーから出ていたり・・・



自分は両手の順回し、逆回ししかできないけどこのビデオ見る限りでは演技がまるで一流のジャグリングかフラリッシュみたい。どんなものでも追求すればすごいものになるということで。。。

BartのRockridge駅の両サイド1kmにはCollage ave沿いに沿ってこじゃれた店が多い。ここロックリッジ地区はバークレーとオークランドの境界近くなんだけど、solono、4thに並ぶおしゃれスポット。

071010 1
ロックリッジ駅

20071011061033.jpg 20071011061044.jpg
駅の南側のCollage ave

最近ここらのレストランに行く機会がありyelpで評判の良さそうな店を選んでチェックしてみた。

Pearl oyster bar & restaurant 
20071011061310.jpg
店の外観

20071011061402.jpg 20071011061418.jpg
店の内部。バーカウンターがあるウナギの寝床形の小さい店。牡蛎も氷の中にディスプレイされている。

20071011061626.jpg
メニュー シーフード主体。

20071011061658.jpg 20071011061712.jpg
牡蛎(kumamoto)とカラマリフライを注文。牡蛎が新鮮でおいしい。フライはさくさく。

20071011061826.jpg
block codの味噌焼き。鱈が脂がのってて美味。ウェイターに「まるで日本の料理みたいだね」と尋ねたら「シェフがフィリピン人だけどだいぶ日本テイストを取り入れているよ」とのこと。

pearl oyster bar & restaurant
5634 College Avenue, Oakland


Oliveto Cafe and  Restaurant
20071011062248.jpg
Pearlの真向かいにある評判のよいイタリアンレストラン、Oliveto。1階がカフェで2階がレストラン。

20071011062336.jpg 20071011062352.jpg
内装はおしゃれ、値段はちょっと高め。

とりあえず前菜とペンネを注文してみた。

20071011062534.jpg 20071011062548.jpg
鯖の酢漬けのようなものとカラスミペンネ

ペンネが不気味な緑色をしている。味がぼやけて失敗かなと思ったけれどカラスミと一緒に食するとカラスミの強烈な塩気で味がしまっておいしい。ペンネのゆで加減もアメリカのゆですぎのふにゃふにゃしたものでなくちゃんと歯ごたえがありかなりおいしい店。チェーン店のPasta Pomodoroとは訳が違う。
値段が高めなので、1階のカフェならカジュアルに利用できるけど2階のレストランにはそうそう来れないなあ。

Oliveto Cafe and  Restaurant
5655 College Ave, Oakland, CA.


テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

ラスベガス旅行に行ってシルクドソレイユのショーを見てからすっかりシルクにはまり。
帰国する前にもう一回シルクのショーを見たいなあと思いいろいろ思案する。

もう一度ラスベガスまで行ってKAを見るべきか
オレンジカウンティまで5時間車を走らせてCorteoを見るべきか
飛行機でオーランドまで行ってディズニーを見たついでにシルク最高傑作と噂のLA NOUBAを見るべきか

と思っていたらなんとシルクの新作 KOOZA が来月から1ヶ月半サンフランシスコでやるじゃないですか

KOOZAは綱渡り・ジャグリング・一輪車・空中ブランコなどサーカスの典型的な要素を軸に、合間にピエロたちが会場を沸かせると言ったようなサーカスっぽいショーらしい。
早速チケット手続き。運良く中央ど真ん中前から3列目の良席をゲット。来月のショーが楽しみです。


KA


Corteo


La Nouba


KOOZA


KOOZA
San Francisco, CA  Nov. 16 to Dec. 30
San Jose, CA     Jan. 31 to Feb. 17, 2008

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : シルクドソレイユ

10/4-9にSF Fleet Weekと呼ばれる海軍のプロモーションが行われ、そのメインとなるブルーエンジェルスの曲芸飛行を見にマリーナまで出かけた。
メインのブルーエンジェルスの飛行は3:00からということだったが、場所確保のために12時頃Pier39に到着。イベントだけあって駐車場の便乗値上げがすごい・・・公共駐車場が満杯。多くの駐車場がフラットレートで$30。足下見過ぎだろ!! ちょっと離れた駐車場に駐めるがそれでも$20。うーん・・

20071009030812.jpg 20071009030832.jpg
いつもPier39あたりは混雑してるがさすがに今日はいつも以上の混雑。桟橋にも観戦客で鈴なりの人だかり。

20071009031029.jpg 20071009031052.jpg
ブルーエンジェルス関係の出店もあったり。

20071009031221.jpg 20071009031242.jpg
1:00から複葉機の曲芸飛行が始まる。pier39からだとちょっと遠い。今年は有料席がフィッシャーマンズワーフではなく西のマリーナグリーンのあたりだと聞いていたので観戦ベストポイントはもっと西の方だろうと思い西に移動することにする。

20071009031815.jpg
移動途中にBoudin Bakeryを見つけたのでクラムチャウダーボウルを注文。ベーカリーだけあってパンが柔らかくておいしい。隣の出店でクラブ(蟹)カクテルを注文したがこちらはいまいち。

20071009032051.jpg 20071009032114.jpg
ギラデリスクェアまで移動する。さすがにここも人でいっぱい。

15:00スタートとのはずが14:30ぐらいからブルーエンジェルスが飛び始める。

20071009032354.jpg 20071009032407.jpg
ものすごい爆音と飛行スピード!!爆音がする方向を向いてもそこには飛行機はいない。あぁ、そういえば音って340m/秒しかスピードなかったっけ。音速で飛行してたら音がする方向と飛行機のずれがでてくるよなあ。

20071009032421.jpg 20071009032440.jpg


20071009032450.jpg 20071009032511.jpg
背面飛行と失速寸前飛行

20071009032529.jpg 20071009032547.jpg
6機編隊での飛行。どうみても飛行している機体と機体の間が飛行機1機分もないぞ。よくぶつからないで飛んでいられるなあ。


20071009032609.jpg 20071009032628.jpg
一番歓声が上がったのはこのパフォーマンス。2機の飛行機が飛行機雲でハートを作り、それにめがけてもう一機が矢をイメージして、ハートに矢が刺さる造形を飛行機雲で表現。

San Francisco Fleet Week 2007
October 4-9

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : ブルーエンジェルス サンフランシスコ

前々回のナパ、前回のアマドーとワイナリー巡りでいまいちぱっとしない。自分の舌がイタリアワイン仕様になってしまったのか?しかし最近Bevmo!のサイトでいろいろ検索出来ることに気がつき、90点以上で安いナパのカベルネとかメルローを飲んでみると結構いける。もうナパに行く必要ないのでは・・・
そこで、今回はオーパスワンもかすむような高級ワイナリーを選択。ここで満足しなかったら自分の舌が悪いということでもうナパに行くことはありません。まさに背水の陣。で、チョイスしたところは

Jarvis Vineyards
ナパ随一のゴージャスワイナリー。ワイナリー全体が洞窟の中。予約時にクレジットカード番号を聞かれる。結構予約が混んでて週末だと午前中しか空きがないとのことだったので10時にアポを入れる。

Joseph Phelps
フランスのボルドータイプのCabernetブレンド「Insignia」で知られるワイナリー。Insigniaは2005年のWine Spectator誌のWine of the Yearに選ばれたこともある。タカムラワインハウスでの説明

Quintessa
オーパスワンを遙かにしのぐと噂のワイナリー。チリのワイン王が近代醸造技術の粋を尽くして90年から始めたワイナリーらしい。ワインセラーパリ16区の説明

Stag's leap wine cellars
1976年にパリ世界博で開催されたブラインド・テイスティングで赤ワイン第一位に輝いた。テイスティングに予約がいらないところが都合がいい。タカムラワインハウスでの説明

我ながらすごいチョイスだ・・・まるで、先発ダルビッシュ、中継上原、抑えJFKのような豪華布陣。これだけ選んでおけばどこか満足するところあるだろう。。
早起きして出かけJarvis のワイナリーに到着。


Jarvis Vineyards
20071008124419.jpg 20071008124438.jpg
ワイナリー全体が洞窟

20071008124715.jpg 20071008124733.jpg
ワイナリー内部。滝があったり水晶があったり異常にゴージャス。

30分ほどの洞窟内のツアーの後テイスティング。ティスティング部屋は大理石のテーブルのこれまたゴージャスな部屋。6種類のワインが出される。
2006 Estate Chardonnay
2002 Cabernet Franc
2004 Merlot
2002 Lake William Blend
2002 Cabernet Sauvignon
2001 Cabernet Sauvignon Reserve
シャルドネがクリスピーでふくよかで美味。まるでSauvignon Francのよう。他の参加者も「このシャルドネはすごいね」という意見。赤ワインではメルローがまずまず。カベルネは期待ほどではなし。シャルドネがハーフボトルでも販売して手頃($21)だったので購入。
Tasting 要予約$30

Joseph Phelps
20071008130046.jpg 20071008130104.jpg
こちらもリッチな門構え&建物

20071008130529.jpg 20071008130635.jpg
テイスティング場は屋外のピクニックエリアのようなところ。丘からの眺めが気持ちいい。
種類は6種類。

2005 Chardonnay Fog Dog
2005 Pinot Noir Fog Dog
2005 Le Mistral
2004 Syrah
2005 Cabernet Sauvignon
2004 Insignia

Insigniaはカベルネ、メルロー、マルベック等のブレンド。年によってブレンドが変わるらしい。ここのフラッグシップだけあってすごい余韻があるエレガントな味わい。でも好みかというと。。。うーん・・・
Tasting 要予約$20

Quintessa
20071008132153.jpg 20071008132224.jpg
ここもゴージャスな建物。

20071008132354.jpg 20071008132416.jpg
受付で予約名を行ってからティスティングルームに呼ばれる。テーブルにワインがサーブされていてそこに説明の人が来て説明してくれる。説明してくれる人はかなり親切でフレンドリー。座って説明を聞きながらティスティング出来る。

20071008132702.jpg
左が93年、右が2004年のQuintessa
ここはQuintessaブランドのCabernet Sauvignon1種類しかない。この週は特別で93年ものもティスティングできた。で、93年ものをいただいたのだが・・・

まいりましたm(_ _)m

格が違う。ナパで有名なところも含めて何十種類も試したけど間違いなくこれがNo.1。ボルドースタイルのカベルネはバランス、香り、味の広がりがすばらしい。2004年も普通においしいんだけど93年と比べるとまだまだ若い。Quintessaが安ければ買っていっただけど2004年で$125なので見送り。せめて$100以下ならなあ・・・

1993 Quintessa
2004 Quintessa

Tasting 要予約$35


Stag's leap wine cellars
20071008134217.jpg 20071008134233.jpg
ここは本日唯一予約のいらないワイナリー。かなりの混み具合。

20071008134534.jpg
で、ティスティングしようとおもったら、2種類あり、1つは通常6種のワインが試せて$15、もう一つはEstateの2種のワインが試せて$15。ワインの種類を見てみると、どちらにもここのフラッグシップのCask23がはいってないじゃん。。。帰ろうかなあ。。
思い直してEstateの方を試す。結構混んでいるのでお金を払うにも一苦労。

20071008135232.jpg 20071008135248.jpg
うーん、やっぱり微妙。

2005 Estate Chardonnay
2004 Estate Cabernet Sauvignon

Tasting 予約不要$15


今回気づいたのだが、ティスティングはやはり予約がいるワイナリーの方がいい。予約がいるワイナリーはティスティングにもワインをデキャンタからグラスに注いでくれてワインを丁寧に扱っている。飲む方も座って集中して味わうことが出来るので混雑した中で立って味わうのでは同じものを試したとしても味わいに格段の差があるだろう。
いままで利便性から予約のいらないワイナリーを選んでいたがこれからは予約の必要なワイナリーを攻める必要があるなあと痛感した一日だった。それにしてもQuintessaはすごかったなあ・・・

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

ハードゲイやその手の趣味のお祭りのFolsom Street Fairに参加する。7月に似たようなお祭りのUp Your alleyにも行ったんだけど、場所は同じFolsomStreetでありながら場所はこちらの方が大きい。Up Your alleyは参加者がほとんどゲイ専門だったんだけど、Folsom Street Fairでは女性の参加者も多い(見た目3割ぐらい)Folsom Streetに多くのその手のレザーショップがあるためにここでお祭りが開かれているようだ。ストリートを封鎖してアダルト関係の出店やらアダルト関係のパフォーマー、ライブなどがおこなわれた。

20071002050749.jpg  20071002155315.jpg
今年のポスターとおこなわれた場所

20071002050911.jpg
ゲートで$5払って入場

20071002051141.jpg 20071002051201.jpg
かなりの参加者で混雑。まっすぐ歩くのが困難なほど。


20071002055433.jpg 20071002055447.jpg


20071002055458.jpg 20071002055510.jpg


20071002055910.jpg 20071003153223.jpg

ゲイの人たち・・・頭の何かをどこかに置き忘れてきた人のようだ・・・

ゲイばかりでなく女性の参加者も多数。
20071002060735.jpg 20071002060750.jpg


20071002060802.jpg 20071002060814.jpg


20071002061007.jpg 20071002061019.jpg
馬??


クレーン車があったので何事かと近寄ってみると
20071002061259.jpg


20071002061316.jpg 20071002061326.jpg
ゲイが檻の中に入れられて吊り下げられている。檻の中でゲイ、ダンシング。。


20071002061820.jpg
やっぱりありました。ゲイのツイスター。

20071002062014.jpg 20071002062025.jpg
緊縛ショー・・・黙々とただひたすら縛る・・不気味

20071002062156.jpg
7th streetでのゲイダンシング&ライブが一番盛り上がってました。ここら辺の混雑は半端でない。

20071002065249.jpg 20071002065300.jpg
スパンキングショーが何カ所かでおこなわれてかなりの見物客がいましたが、結構はげしくたたいてます。背中に血がにじむくらい。たたかれて嬉しいんでしょうか?

とおもいきや、

20071002065559.jpg 20071002065610.jpg
この女の人はたたかれることで叫びながら逝ってしまいました。まあいろんな趣味があるって言うことで・・・

一番ひどかったのが、Spunk Video.comのコーナー。ここはアダルトゲイのビデオを販売しているところですが、販促も兼ねてか衆人環視の中で制限なしの過激ショー
20071002070115.jpg 20071002070127.jpg
バットぐらいの太さのものを穴に入れています・・・ある種の大道芸かと・・・

まさに、ゲイの芸!!!

jisyu2.jpg jisyu4.jpg
いくらアメリカが自由な国とはいえさすがにここまでやったらいかんだろ!!!

レイザーラモンHGがネタでないくらい、むしろもっと過激なお祭りですした。こっちじゃもろだししても捕まらないのね??猥褻物陳列罪ってのはないのかしら??ある意味、松茸三昧。
参加者の多くがレザーファッションだったので普通の服装が恥ずかしいほど(だからってすっぽんぽんにはなりたくないけど) 

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報


| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。