Visitors

ブログランキングに参加中↓

応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

プロフィール

shuffle

Author:shuffle
海外赴任に伴って2006年夏から2008年3月までベイエリアにに暮らしていました。その記録です。   
(East BayのEl Cerrito)
趣味:マジック、旅行

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ検索

全ての記事を表示する

リンク

メールはこちらに

RSSフィード

ブログランキングに参加中↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「世界一受けたい授業」というのを録画して見ていたら、『外国人には信ジラレナ~イ 疑問だらけのニッポン人!』  というテーマが。

待ち合わせに遅れたときに日本人なら小走りで待ち合わせ場所に現れる。これが信じられないことだそうだ。
なんでも、少しぐらい遅れることは当たり前で少しぐらいの遅刻は
「おしゃれな遅刻」
www だそうだ。

遅刻して平然としていられる社会の方が、しんじられなーいだわwwww

たしかにこっちの人たちは時間守らないわ。会社でも会議ある時に時間前に来るのは日本人のみ、5分ぐらい過ぎてから徐々にみんな集まりだして15分過ぎぐらいにようやく全員そろうという感じ。ビジネスの納期もこんなもんでだいたい注文してから1週間か10日すぎてから到着する。

よくよく思い出してみると、何事においても定刻通り始まったことって
一切なかったような気がする

アメリカ社会って日本人にとっては、きっちりした真面目な人ほど暮らしにくい社会だと痛感してます。



ここで納期関係で腹が立った実話を。。。

車の後部バンパーを軽くぶつけてしまったときのこと。車を修理しようと会社で契約している保険屋に連絡を取る。これがレスポンスが悪くていっこうに修理のめどが立たない。
「日本に一時帰国しなきゃならんからはやく修理手続きとってよ」とクレーム出してようやくめどが立つ。
保険屋が言うには、
「修理の度合いをみなけりゃいけないから、お宅の会社まで出向いて破損部を写真で撮ります。3時頃にそちらまで伺うので待っててください。」
ということなのでひたすら会社にて保険屋からの電話を延々と待つ。約束時間の2時間過ぎても全然来やしない。
業を煮やして保険屋まで「待ってるのに何で来ないんじゃ~」と電話すると、保険屋はこうのたもうた。
「いや、今日雨降ってるからさ、カメラ濡れるでしょ。お宅、破損部を写真にとってメールで送ってよ。あ、もう写真もらってたっけ。じゃ必要ないからいいよ。」

さてここで問題です。最も悪いのはどの部分でしょう?
1.キャンセルの電話もなくすっぽかした保険屋
2.当日雨だったこと
3.やつ(保険屋)がアメリカ人だということを考慮にいれていなかったこと

結局車をぶつけてから修理が終わるまで2ヶ月半かかりました。ほんとうに信ジラレナ~イ!!

スポンサーサイト

テーマ : カリフォルニアライフ - ジャンル : 海外情報


| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。