Visitors

ブログランキングに参加中↓

応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

プロフィール

shuffle

Author:shuffle
海外赴任に伴って2006年夏から2008年3月までベイエリアにに暮らしていました。その記録です。   
(East BayのEl Cerrito)
趣味:マジック、旅行

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ検索

全ての記事を表示する

リンク

メールはこちらに

RSSフィード

ブログランキングに参加中↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休日のサンフランシスコ。ちょっと時間があったのでヘイトアシュベリーを散策。なんでもここがヒッピー文化発祥の地らしい。
070831 1
Haight st. どこも駐車スペースがいっぱいで駐車するのに一苦労。

通り沿いに小汚い雑貨屋がたくさんあったりして、雑貨に興味ある人ならいいけど正直あんまり見るところがなく面白くない。

唯一面白かったのがこの店、PIEMONT BOUTIQUE
070831 2
店の2階の壁から足がはみ出てます。

070831 3
パーティー用品のような派手派手しい品の陳列。


070831 4 070831 5
店の中の品物も原色系でぎらぎら。うーん眼が痛くなりそう。

070831 6
パーティー以外どこにこんな服着ていくんだろう?

070831 7
隣のカフェの看板はアラジンが飛び出してる。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Misdirections主催のシルベスターのレクチャーに参加。シルベスターといえばシルベスターピッチと映画のMaskのようなファンキーな演技で有名。または一発ネタがたくさんあるマギー審司か?


映像で見る限りシルベスターピッチはシャトルパスのバリエーションのように見える。

070830 1
レクチャー前に軽くシルベスターピッチのデモ。これが全然わからない・・シャトルパスでないよなあ。。で、速攻でシルベスターピッチのDVDを購入。前からあるDVDに少しおまけを加えたラスベガスヴァージョンで先週出来たらしい。

070830 2
会場には50人ぐらいの参加者。

レクチャー内容は、概念の説明から。創作、オリジナリティ、構築、想像について。小ネタを挟みながら延々と抽象的な話が続く・・・
まさかこれで終わりじゃないよね。。

070830 3 070830 4
軽くシルベスターピッチの説明。さすが。


070830 5 070830 6
顔に紙が張り付いて紙を取ると顔がはがれている。


070830 7 070830 8
口にコップを咥えて、コップをとると口が長くなっている。


070830 9 070830 10
グラスファイバーで成型した固いジャケット。ギミックがてんこ盛りで入れられる。


070830 11
偶然こうなったら新ネタと思われたそうだ。

で、いつトリックのレクチャーが始めるかと思ってたら小ネタをはさみつつ2時間半ぶっ通しで概念の説明だけで終了!!ピッチの詳細な説明もなく、「詳しくはDVDを見てくれ」とのこと。

そりゃないんじゃないの!!


実際参加者の多くはMASKのファンキーな演技を期待してるわけで、少なくとも通しで演技をやるのが普通でしょ。もしくはギミック作成のノウハウとかピッチの説明とかあってもしかるべし。これじゃあまりに手を抜きすぎ。もしくはレクチャーするほどネタがないとか??
何人かはレクチャーの途中で帰る者も。そりゃむべなるかな。
最後に参加者の一人が挙手して
「他のレクチャラーはトリック、トリック、トリックばかりだあなたのレクチャーは思想を伝えていて非常に良かった」と発言する。

おいおいおい、そりゃ少数意見だろ!!シルベスターといえばピッチとギミック。そこを聞かずして何聞くんだよ!!思想とか考えを聞きたいんならもっと大家のレクチャーに行けよ!! とつっこみたいところ。
英語のリスニングの勉強にはなったけれども・・・

帰りの高速道路は濃霧が発生してかなり怖い羽目に。

テーマ : マジックレビュー - ジャンル : 趣味・実用

妻が散髪の間、娘と待ち時間つぶしにGolden Gate Park内のConservatory of Flowersへ。
同じGolden Gate Parkの科学博物館だと面白すぎて、妻が「私も連れてって」とのことなので適度に面白くなく(^^;) そこそこ暇つぶせそうな温室の植物園に娘を連れて行く。

070829 1 070829 2
建物の周りは花でいっぱい。建物自体はこじんまりした温室。


070829 3 070829 5


070829 7 070829 6
内部はまあ、なんてことないトロピカルな花の陳列でしたが・・

期間限定(5~11月)の食虫植物展示がおもしろい!!
070829 8


070829 9 070829 10
食虫植物の模型。入り口にハチがかかると内部の消化液がたまったところに落とし込まれる。


070829 11
アリがかかるとパックン。


070829 13 070829 14


070829 15 070829 16

070829 17 070829 18
食虫植物の数々。よく見ると小さいアリがかかっていたりしておもしろい。中には食虫植物が虫を捕らえるビデオも放映していたりしてこの展示だけは面白いです。
今から思うと、虫をぱったんと閉じるやつ、あれ指を間につっこんだらほんとに閉じるんだろうか?やってくればよかった~ねばねばトラップは虫がかかるとほんとに巻き込んでいくのか実験し忘れた~・・・
うちのアパート時々アリが出るのでどれか一個欲しいなあ。(^o^)

Conservatory of Flowers
JFK Drive, Golden Gate Park
San Francisco, CA

Admission:
$5.00 for Adults
$3.00 for Youth 12-17, Seniors 65 & over, and Students with ID
$1.50 for Children 5 - 11
FREE for Children 4 and under
The Conservatory is free to all visitors on the first Tuesday of every month.

テーマ : カリフォルニアライフ - ジャンル : 海外情報

ZuniCafe
070827 1
外観


070827 2
店内部

070827 3
牡蛎ディスプレイ

070827 4
牡蛎とアサリ、向こうの小さいのがkumamoto


070827 5
名物シーザーサラダ 味は普通


070827 6 070827 7
デザートのソルベとクレームブリュレ


FC2の新システムの不安定さのおかげでせっかく1時間かけて書いた記事がふきとんでしまいました(怒)

なんなの?このシステムは!!!本文書き直す気力がわかないので今日は写真だけです。

一言「牡蛎絶品」

テーマ : これは美味い!! - ジャンル : グルメ

英語でしゃべり隊クラブでskype英会話レッスンを受けてるんだけど、ある時先生から
「マジック教えてくれない?」との希望が。OKと安請け合いしたんだけどよく考えると大変なことだなあと。

今までクラブの新入生、子供、外人に教えたことあるけど最も困難なレクチャーということに気づく。
まず、webカメラの画面が小さくかつ一方向なのでトリックはほぼ手元近辺に限定
(ミスディレクションなんかつかえない)
Face to Face ではないので手取足取り教えることが出来ないし、英語で会話が進むので複雑な説明は不可。カードだと相手にデックを持ってもらって配るとか相手に引いてもらうとか出来ない。
ふつう手品を教えてくれと言われたら、「Two in the hand one in the pocket」
(手の中の2つの物がいつのまにか3つに増加)かカードセット物を教えるけどこの状況じゃ不可能。
さらにそんなに真面目に取り組む訳じゃないからマジックの根幹にふれるようなトリックのレクチャーは避けたい。

しばし熟考の末、選択したのが
「割り箸のムーブメント」
「お札のペン貫通」
「輪ゴムの指移動」

子供と最近アニメロビー見てるけど、ピエールの子供向けマジックは結構ためになる。
本格的にではなく、「まあちょっとやってみてよ」的なネタバレしてもいいか~なんて場の時には結構ねた使える。割り箸が手の中で動くネタはアニメロビーからのネタ。
札のペン貫通は札の真ん中を紙で覆って下からペン刺し。紙は穴あくけど札は空かない。折り方とペン刺す位置だけ。輪ゴムの指移動は自分が小学校のときに友人に教えてもらったネタ。まかり間違ってもクレイジーマンズハンドカフなんてのはレクチャー不可。

さてさてどんなものか。レッスン日(どっちがどっちに教えてるのかわからなくなってきた(笑))は今晩。


追記
実際レクチャーやってみた。
skypeの小さい画面で確認しながら、さらにwebカメラに見えるように手元をノートPC画面ににほぼ平行に持って行くのが難しい・・
輪ゴムなんかみえなかったんちゃうか?一応驚いてくれましたが、油断は禁物です。

手品趣味→すごーい、今度手品見せて~、教えて~→手品レクチャー→練習した物今度見せるからまた指名してね~(先生は指名制)


あれ? これって水商売の常套手段??

なんか手品ばっかして全然英会話の練習になってなかったんですけど・・・
今年の日本は結構暑いらしい。最高気温塗り替えるぐらいの暑さ。日本の家にサーバー置いてきて日本の番組をそこからダウンロードしてきているのでここ最近の暑さはちょっと心配(ソフト上でサーバー内部の熱さがこちらからわかる。最近は60℃超えが頻繁)
対してここ、East BayのEl Cerritoでは今年は結構涼しい。夏でも25℃以上超えることが珍しく大半が20℃以下。こんな気温だとプールに行くのも寒くて大変。
うちの近くに市営のプールがあって安い($5)んだけどなんせこの気温なんで入る気にならない。

同じEast Bayでも内陸部のConcord方なら気温は30℃(下手したら40℃)まであがるのでプールに行くならこの辺で入った方がよろしい。

で、有名なConcordのWaterWorldに行ってみたけどこれが激混み。スライダーに乗ろうとするも行列が長くて泳いでる時間より待ってる時間の方が長い。熱射病で倒れそう。。。
子供の浮き輪を持って行ったら、浮き輪にひもがついていてこれが首に掛かるとの理由で持ち込み不可。浮き輪をレンタルしてくださいとのことなので借りたらこれがスライダーに使うようなでかい浮き輪で子供には不向き。浮き輪レンタル料$7がばからしい。入場料も$30弱なので家族で行くには財布にも優しくない。

で、知り合いから教えてもらった、AntiochPrewett Family Parkに行くことに。ここは市営プールで安く($8)、スライダーもいくつかあるおすすめプールらしい。

20070821081700.jpg
プール入り口

20070821081711.jpg 20070821081722.jpg
園内内部。日曜なのに思ったほど混んでいない。園内は結構広くいくつか日陰もあるので快適

20070821081735.jpg
園内には4つのプールと5つのスライダーあり。

うちの子は浮き輪必須なので、浮き輪が許されるエリアが浅い幼児用プールと一部プールに限定されるので、思いっきり泳げる環境ではないのが不満。どちらかというとスライダー目当てで行くプールなので身長が足りない(スライダー不可)の子供連れだとあまり楽しめないかも。

ベイエリア周りでプール批評のサイトを発見。
市営で良いのは、Antioch Waterpark、Brentwood Family Aquatic Complex、Newark's George. A. Silliman Family Aquatic Center らしい。思った通りConcordのWaterWorldは広すぎ、混みすぎでBad。
近くにラスベガスのホテルくらい巨大で思いっきり泳げるプールがあればなあ・・・
日経アメリカ版に こんな記事を見つけて、ひさびさのナパ訪問とテイスティング。
いろんなところのブログを見る限りここのベスト1のダックホーンのメルローがすごいらしい。これは是非行かねばとダックホーン訪問をメインにいくつかのワイナリーをチョイス。

1.V.Sattui
無料でテイスティングでき、ピクニックエリアを一般に開放している。デリもあるのでここで何か買ってランチ

2.Duckhorn(ダックホーン)
カリフォルニアでメルローといえばダックホーン。今回の訪問の主目的。前日から予約(ティスティングは要予約)

3.Chateau Montelena(シャトー・モンテレーナ)
日経記事では3位。カベルネソービニヨン目当て

4.Sterling vineyard(スターリング・ビンヤード)
家族連れなので。。。子供を楽しませるためにゴンドラ目当て。味には期待せず。

5.Domaine Carneros(ドメイン・カルネロス)
締めはスパークリングで。スパークリングだと有名なのはシャンドンだけどちょっと趣向を変えてカルネロスで。


1.V.Sattui
20070821033945.jpg 20070821034000.jpg
広いピクニックエリアと外観

ここで無料ティスティングしようかと思いきやあまりの混雑ぶりに、ティスティング待ちの人まで。ティスティングしてる人が終わってカウンターに空きがないとティスティングさせてくれないらしい。。。。ティスティングはとっととあきらめデリ観察。


20070821034242.jpg 20070821034300.jpg
チーズはすごい種類、デリは雰囲気暗くてあまりおいしそうに見えない。。。で、向かいのDean&Deluca

20070821034411.jpg


20070821035012.jpg
こっちのデリの方がおいしそう。


20070821035046.jpg 20070821035100.jpg
すごい種類の塩とオリーブ。


20070821035218.jpg 20070821035233.jpg
普通に小じゃれたスーパーマーケット。ここでデリとトートバッグを買って向かいのV.Sattuiのピクニックエリアに戻って食事。後で気づいたけど、車をV.Sattuiの駐車場に入れるときに「V.Sattuiで買った物だけピクニックエリアに持ち込んでください」との紙を渡されてたことに終わってから気づく・・・次から気をつけよう。


2.Duckhorn
20070821040217.jpg 20070821040242.jpg
ダックホーンの看板と外観。


20070821040407.jpg 20070821040426.jpg
館内は絵から置物からあひるづくし。で、テイスティングルームはきれいでハイソな雰囲気。こりゃー期待できますよ。

5種ティスティング($20)は上から
20070821040533.jpg

2006 Napa Valley Sauvignon Blanc
2004 Napa Valley Merlot
2004 Estate Grown Merlot
2004 Napa Valley Cabernet Sauvignon
2003 Estate Grown Cabernet Sauvignon

で、肝心のメルローの味ですが。。なんかぼけた味で好みでなし。
むしろカベルネソービニヨンの方が酸味が効いてておいしいのですが。
スーパートスカーナのルーチェ(メルロー主体)を飲んだときは、「ああメルローもいいよね」と思ったのですが。。。うーん・・ソービニヨンブランはフルーティーで普通においしい。

3.Chateau Montelena
20070821041446.jpg 20070821041459.jpg
お城のような外観が売りのワイナリーですが・・・左の写真は城のように見えますが、実際の入り口は右の写真(右の写真の左側が左の写真正面) なんだかはりぼてのよう。

20070821041511.jpg
ティスティングルームがたちっぱなしで椅子がないというのはあまりに子連れにつらい。カベルネソービニヨンだけティストして退散しましたが、おいしいというレベルでは・・・期待はずれが続きます。。。


4.Sterling vineyard
20070821042253.jpg 20070821042310.jpg
ここのワイナリーといえばゴンドラ、麓からゴンドラに乗って山の上のワイナリーまで行く。前は安かったらしいけど今はゴンドラ+ティスティング料が$20と高い(子供$10)

20070821042326.jpg 20070821042339.jpg
ゴンドラから見た景色。1分ぐらいで上のワイナリーに到着。もっと時間が長ければなあ。

20070821043020.jpg 20070821043033.jpg
ワインの製造工程も見れるし、景色もいいのでナパの初回訪問にはいいかも。ここでシラーとソービニヨンをティストしたがまあそれなり・・


5.Domaine Carneros
20070821043625.jpg 20070821043642.jpg
カルネロスの外観と建物。こっちの方がお城っぽい。

20070821043831.jpg 20070821043914.jpg
こんなオープンテラスでスパークリングワインのティスト。3種で$15、これとチーズ盛り合わせを頼む。正直スパーリングの味はわからなかったけどここが雰囲気が良くてよかった。
ハイソな雰囲気のなかで優雅にティスティング。日本とは違う時間が流れてるように感じた。そりゃ休日こんなとこで過ごしてたらアメリカ人が時間にルーズでおおざっぱになるのもわかるわ・・

20070821044312.jpg
テラスからの眺め。一面ブドウ畑。

日経記事といろんなブログを信じて行ってみたけど所詮評判より自分の好みによって左右されるわけで。
次は友人おすすめのJarvisあたりでもトライしてみるかなあ・・

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

サンフランシスコ日本町で行われたストリートフェアに参加する。

NIHONMACHI Street Fair
AUGUST 11& 12 2007
SATURDAY & SUNDAY
11AM - 6PM

20070814044448.jpg 20070814044501.jpg
Post st沿いに出店が並ぶ。


20070814044607.jpg 20070814044613.jpg
香ばしいにおい。大量の肉の照り焼き。このほかにもコーンの焼いた物を出してましたが、日本の祭りならたこ焼きとか、焼き鳥とかおでんじゃないの??


20070814044856.jpg
広場ではコンサートも行われてましたが。。。

2日目は太鼓パフォーマンスもないため正直どうでもいい感が。
出店も日本人それほど多く見かけなかったし。かなり盛り上がりに欠けるフェアでした。4月の桜祭りはパレードもでる盛り上がりぶりなのに・・
9/8には大阪姉妹都市50周年を記念しての秋祭りがあるらしい。


出店で見つけたTシャツ
20070814045936.jpg
どんだけ食うんだよ

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

友人のドリアン、ケント主催のGolden Gate Gathering コンベンションに参加。初日は平日だったので2日目から参加。

Golden Gate Gathering
8/9-11 Crowne Plaza Hotel  1221 Chess Dr. Foster City, CA

GGG.jpg


20070811153909.jpg 20070811153930.jpg
会場のCrowne Plaza Hotel

2日目の午前はHarry Riserのレクチャーから
20070811154233.jpg 20070811154248.jpg
ディーリングやエッグバッグなどのレクチャー。正直好みでなし。。有名な人なんでしょうか?やたらチャーリーミラーのことを出してましたが。

20070811154448.jpg
休憩時間では参加者があちこちで見せ合う姿が。

休憩時間にマジックを見せるルセロとカーチスカム
20070811154530.jpg 20070811154551.jpg
やっぱりこの2人うまいわ~

午後はDAN&DAVEのレクチャー
知らなかったけどこの2人はフラリッシュでは若いけれど巨匠らしい。

20070811154831.jpg
フラリッシュ前は指の体操。


20070811154912.jpg 20070811154926.jpg
このように2人でフラリッシュを交えてのマジックでしたが・・・


いやルセロのテクニックも奇跡のように見えたけど、この2人はそれ以上の超絶技巧のオンパレード!!

あまりに超絶すぎて会場の空気が重くなる

連邦のモビルスーツは化け物か・・・

カードがあり得ないくらい、動く、回転する、飛ぶ。
でもって、スピンしてとばしたカードパケットをサッカーボールのようにキックして蹴り上げてキャッチする。

もはや手品じゃねえ!!


まじでこの動画のようなことやってました。速攻でこのTrilogyのDVD買ったけどマスターなんかできるのかな・・・


夜はホテルの1室でルセロのショー。

20070811160112.jpg
コンタクトジャグリングから、ボール、カードプロダクション、スポンジ

20070811160306.jpg
ルセロ十八番のターンオーバーチェンジの手順。


20070811160306.jpg
マトリックスコイン。ミスディレクションと改めがたっぷり入っているのでめちゃくちゃ不思議。

さすがのルセロでしたがけちくさいことに手順の解説やらないのね。日曜日にプライベートレクチャーがあるらしいけど$500。た、高い・・

3日目の午前はまたもやHarry Riserのレクチャーから
現象がおこるまで30分もかかる。もう苦痛で苦痛で。
20070812133350.jpg 20070812133412.jpg
レクチャー内容はカップ&ボール、リングなど。新たな知見なし。

午後は、ハワイのコインの名手、カーチスカム。すべての手順が1ドルコイン。

20070812133944.jpg
パースとペンを使った9枚のコインのプロダクション。


20070812134039.jpg
小型電灯をもったままでの3枚で行うハンギングコインの変形。


20070812134133.jpg
指の間からの8枚+1枚のコインのプロダクション

さすがコインの名手だけあって見事。前回のレクチャー時より内容が濃い。


参加しての感想は、参加者のカードのレベルが日本と比べて著しく高いこと。パス、パーム、セカンドディールなんかは苦もなくみんなこなしてます。コインのレベル高い人は多くはいなかったです。テーブルに比較してステージのスライハンド系はそれほどやっている人はいなさそうな。ルセロのカードプロダクション、ボールは皆が絶賛してましたが、私から言わせると「うまいけど特別なことはないよね」っていう印象でしたから。
まあ、なんにせよドリアン、ケントお疲れ様。十分楽しませていただきました。

テーマ : マジックレビュー - ジャンル : 趣味・実用

イエルバブエナ通信によると、「アメリカの二大アミューズメント・センター」はディズニーランドとエキスプロラトリウムらしい。650以上の科学施設がそろっている参加・体験型の科学博物館で電気、気象、光、生物など、自然の仕組みを自分で触ったり、動かしたり遊び感覚で学べるということなんだけど、ディズニーに匹敵するスポットがサンフランシスコにあるなんて・・・
シックスフラッグスやユニバーサルスタジオの立場は・・・
眉唾くさいけど真偽のほどをたしかめにエキスプロラトリウムに行ってみることにする。

巨大な建造物と入り口
20070807090701.jpg 20070807090711.jpg
入場者の割に駐車場スペースが狭いらしく空きスペースを探すのに一苦労。20分以上さまよう。もうちょっと駐車場大きくしてくれないかな。。。 

20070807092121.jpg
650以上の展示物があるので中はさすがに広い。

20070807092202.jpg
歯車?

20070807092241.jpg
超強力磁石と砂鉄。左腕(時計をしてるから)を近づけるのがちょっとためらう(時計狂うかもしれないから)

20070807092415.jpg
大きな玉の中に青い液体と砂のような物が。回転すると中の模様が動く。


20070807092609.jpg
固いように見えるけど柔らかいひもが勢いよく回転しているだけ。


20070807092707.jpg
人工小竜巻装置


20070807092741.jpg
大きいシャボン幕に息を吹きかける展示


20070807092900.jpg
スクリーン幕に3色の影が映る。


20070807092942.jpg
一番びっくりしたのはこれ。中央の塩みたいな結晶にシャボン玉を接触させてもシャボン玉は割れません。(結晶以外のところにふれるとシャボンは割れます)
なんでシャボンは割れないのでしょう??



波紋?? シーザーツェペリ??



実は塩みたいなものはドライアイス。シャボンがドライアイスに接触して瞬時に凍るからシャボンが割れない。


20070807093359.jpg
2階には高度な展示も。これはタンパクとアミノ酸の関係のパズル。


20070807093507.jpg
顕微鏡も操作できて実際に微生物が観察できる。


ディズニーに匹敵するとは言わないけれどここは相当面白いですよ。うちの子供も大興奮。あっちこっち走り回って迷子にならないかと心配したほど。大人も楽しめるので家族連れにはぴったりの所です。(入場料は水族館やディズニーに比べれば高くないし)

20070807094809.jpg
裏のロマネスク様式のパレス・オブ・ファイン・アーツ(Palace of Fine Arts)


エキスプロラトリウム(Exploratorium)
3601 Lyon St. San Francisco
Adult (18-64) $14.00
Student (18+ with ID) / Seniors (65+) $11.00
People with Disabilities $11.00
Youth (ages 13-17) $11.00
Children (ages 4-12) $9.00
Children (3 and under) FREE

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

サンフランシスコのゴールデンゲートの近くのプレシディオでアロハフェスティバルが開催されているので出向くことにする。

プレシディオ地区内がかなりわかりにくかったがなんとか駐車場待ちの列をみつけて駐車場を待つこと20分。(待ちつかれた~)ようやく駐車して会場に向かう。

会場はメイン会場でショー、その他スペースで雑貨やら食事やらハワイに関係した出店が。天気が悪いのにかなりの混雑ぶり。

20070807060136.jpg 20070807060143.jpg
メイン会場では、ハワイのウクレレ演奏とかハワイアンダンスショーが催された。

20070807060150.jpg
出店ではハワイ雑貨、食事など

ハワイアンって常夏イメージなんだけど
当日のサンフランシスコは真夏といえどなんと15℃しかない。しかもどんより曇ってて霧雨まで降っている。
寒くてあまりに盛り上がらないので一回りして速攻帰りました。
サンフランシスコに夏のイメージは似合わないよなあ。。。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

モントレーからの帰り、サンマテオかサンノゼあたりの居酒屋でに立ち寄ろうと考えた。
で、ここあたりの居酒屋でよさそうなところを検索すると・・・

ロスアルトスの炭家という焼鳥屋が人気店らしい。
「炭家」でぐぐるとでるはでるは。おそらくベイエリア周りのレストランで一番ブログにかかれた店ではないかと思われ。mixiにもコミュがあるほどの人気店。なんでももしこの店が東京にあったとしてもかなりのレベルらしい。

早速予約をして店に向かう。

店外観
20070807052850.jpg 20070807052856.jpg
ホール中央にキッチンがあり、その両サイドにテーブル席やカウンターがある。ガラス越しに串を焼く姿を眺められる。

メニュー
20070807053148.jpg
驚いたのはオーダーを取る際にスタッフが片膝ついて注文を聞くこと。もちろんスタッフ全員日本人。ほんとにここアメリカ??という雰囲気。


20070807053547.jpg 20070807053554.jpg
梅水晶(鮫の軟骨の梅あえ)と豆腐、クリームチーズの変わり豆腐。梅水晶は酸味が効いてておいしい。変わり豆腐は刻んだ大葉とオニオンがはいっててこれまた美味。いやあ、これだけでもレベル高いわ。。。


20070807054151.jpg 20070807074026.jpg
鳥かごサラダ。トルティーヤを揚げた中に半熟卵とサラダが入っている。


20070807054235.jpg 20070807054244.jpg
モモ、皮、ハツ、レバーの焼き鳥。外がこんがり、中がジューシーでおいしい。この日は特にハツが弾力があっておいしかったなあ。

20070807054556.jpg
人気メニューのつくね親子丼。卵がとろとろ系。アメリカでこんな親子丼が食べられるとは!!


20070807054705.jpg
デザートはこれまた人気メニューのフローズンカスタードプリン。口に入れて溶け出すほどにプリンの味がしみてくる。

日本でおいしいと評判のレベルの高さはあります。日本酒もそろってて惜しむらくはなんでこの店がうちの近くにないのか(^^;)ということ。あれば入り浸ってしまいますがな。

焼き鳥1本$3~なので値段は高め。がっつり食べるとそれなりに取られるのはしょうがない。
ひさしぶりに食事で感動したなあ・・・

236 Central Plaza
Los Altos, CA 94022
炭家

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

週末に車を飛ばして2時間あまり、モントレーに出かける。

20070806160518.jpg

モントレーのフィッシャーマンズワーフ。
20070806160906.jpg 20070806161205.jpg
サンフランシスコのと比べるとこじんまりしているが、レストラン、おみやげや、ホエールウオッチングがある。こちらもPIER39同様そこらにあざらしの姿が見られる。

キャナリーロウ
20070806162145.jpg
缶詰工場跡地にショップ、レストランが多く並ぶ。多くの観光客でにぎわう。ここのSeafoodレストランのFish Hooperでランチ。カラマリチップ、シーフドリゾット、サラダを注文。海を見ながら食事。人気店らしくかなりの混みよう。


20070806163238.jpg 20070806163305.jpg



モントレーといえば水族館が有名(Monterey Bay Aquarium)
20070806163717.jpg

ここはくらげの展示が多いので有名であるが、

絶対に現地でチケットを購入してはいけない。

なぜなら


20070806164016.jpg
チケット購入にありえないくらい並ぶから。列は少なくとも100m以上。これだけで1時間は無駄にすごしそう。
事前に水族館のHPでWILL CALLかネット販売で購入しましょう。チケットホルダーの入り口は別にあり並ばないで快適に入場できます。


20070806164827.jpg 20070806164901.jpg

20070806164952.jpg 20070806165044.jpg

20070806165122.jpg 20070806165152.jpg
幻想的なクラゲの数々


20070806165621.jpg 20070806165651.jpg
ジャイアントケルプ(昆布)の水槽。世界一の高さの水槽らしい。
かなり見応えがある水族館です。
「水産資源を守ろう」のコーナーでは乱獲で減っていくマグロや鮫の保護を訴えるビデオあり。寿司ネタでマグロを大量消費する日本人としては少し耳が痛い・・・


その後、17マイルドライブを廻って家路に。天気が霧だったので快走ドライブとはいかず。
20070806170813.jpg 20070806170844.jpg
17マイルといえば孤独な糸杉

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報





d2.jpg d3.jpg


大好評のデビットストーンのリアルシークレットオブマジックの第2弾。
イリュージョニストのHPでは米国先行発売。早速注文するとイリュージョニストの会社がサウサリートにあるので1日でDVD届く。

内容
French Kiss 口からフォールドしたカードの出現
Sam Card カラーチェンジ
Cash Cash カードからの4枚のコインのプロダクション
CigCoin コインとシガレットのトランスポーテーション
Duncan フラッシュペーパーからの金魚出現
Reset リセット+ホーミングカード
Mulberry 4枚コインプロダクション
Misglass セレクトカードの移動
Cocoon 4枚コインプロダクション
Billswitch ビルスイッチ
Ring Box 指輪の消失の出現
Sousbock 手帳からの紙幣の出現
William カードのターンノーバー
Guess Card 客の所持金あて
Encore  ナプキンからのボトル、靴プロダクション


今作は、英語、フレンチ、日本語、ドイツ、ヒスパニックの5カ国語選択字幕つき。とくにデビッドのテーブルホッパーのtips、ノウハウが日本語で読めるので非常に活用度が高い。客からの拍手のもらい方、チップのもらい方、酔客のあしらい方等かなり実践的。
マジックの技法的には1より難度があがっているのですべてをマスターするには困難であるが実演しなくても観賞用としても間違いなく楽しめる。今回も何度となく引っかかったことか・・・

文句なく10点以上、今回もすべてのマジシャン必携の1本

テーマ : マジックレビュー - ジャンル : 趣味・実用

sleeve.jpg


素人に手品を見せていて一番疑われること、それは・・・

「磁石」「袖に隠してるんでしょ」

だけど、素人が思うほどこの2つは使ってない。むしろ、スレッ・・と トピ・・ ゲフン、ゲフンw



ロッコシラノといえば最近はD'liteで有名だけど、我々の世代でいえば薔薇と袖の魔王。このDVDは2枚組で、1巻目は袖の改造方法、新規デバイス、各種スリービング方法、2巻目はFISM2006の演技と解説。


1巻目は新デバイスが目新しい物のそれ以外の技法についての解説は目新しい物は感じられず。袖を使う人ならだいたいみんな知っているレベル。2巻目はFISMアクトの解説なんだけど・・・うーん最初はいいけどそのうち飽きてきておもしろくないんですよ。それは袖を多用してるんだけど、あくまで「いろいろ出したよね」で終わっちゃってる。ストーリー性もルーティーンがどこに収束していくかも感じられない。演技の端々から
「オレ、袖マニア」
っていう主張ぷんぷん。

このたぐいの演技はと・・・・・

おまえは学生マジシャンかと。

しつこいほど高度な技法の繰り返しがまさにコテコテスライハンダー。
このDVDを売らんがためにルーティーン組んだのと違うかな?

袖マニアとして一番知りたいのは、任意にどうやってロード、リリースするかってとこですよ。入れるのはまあテクニシャンなら誰だってできる。Basicだからしょうがないにしてもそこまでふみこんで解説してればいいレクチャービデオだったんだけどねえ。
一応ロッコ考案の袖のデバイスの説明があるんだけど、このシステムじゃ任意にリリースできないしねえ。

1巻目70~80分、2巻目30分 じゃあ2巻セットにしなくても1巻でまとまられたじゃん。この分数で$50ならお得感まったくないよ。


もうちょっとがんばりましょう  6点



テーマ : マジックレビュー - ジャンル : 趣味・実用


| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。