Visitors

ブログランキングに参加中↓

応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

プロフィール

shuffle

Author:shuffle
海外赴任に伴って2006年夏から2008年3月までベイエリアにに暮らしていました。その記録です。   
(East BayのEl Cerrito)
趣味:マジック、旅行

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ検索

全ての記事を表示する

リンク

メールはこちらに

RSSフィード

ブログランキングに参加中↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Cultural Xchange 1 : Apollo & Shoot

数年前にウィザードインのショーを渋谷に見に行ったんだけど、内容があまりにアレだったんでウィザードイン系は購入を控えていた。
ただ米国ではShootOgawaの人気は高いのでどんな演技か確認のために購入することにした。

DVD1CULTU-FULL.jpg

Apolloと緒川集人の日米の2人のマジシャンが交互にマジックを演じている。内容はコインとカード。コインはフィッチパーム(ウィルソンパーム)、マッスルパス等のテクニカルなルーティーン。カードはパームを主体にしたもの。
難易度は高めだがビジュアルで現象がはっきりしている。
冒頭の「Trinity」ではフィッチパームを利用したバニッシュ、プロダクション、カラーチェンジのハンドリング。コインマジシャンにとっては覚えなければいけない技法であろう。

変形パースパーム(まことちゃんのぐわし)からフィッチに持って行く流れはふつうにやると怪しいがApollo氏がやると全くスムースで柔らかい指先の動きが美しい。
そして手の表裏を改め後にコインが出現するので非常に不思議である。
指先、手首の柔らかい動きをマスターしないとこのテクニックは不思議に見えないので要注意。
書籍;最新コインマジック徹底解説にこの技法の解説が載っているみたいだが文章からコインマジックを会得するのは困難なのでことコインに関してはビデオから習得した方が早い。

点数は10点 物事、偏見はいけんね~


フィッチを使ったバニッシュ(演者はApollo & Shootではない)



アポロ
スポンサーサイト

テーマ : マジックレビュー - ジャンル : 趣味・実用

INDECENT: Wayne Houchin
Indecent.jpg

サインされたカードが封をされたZIPLOCKバッグの中に入り込む。


演技

Wayne HouchinはクリスエンジェルのQUARTER THROUGH SODA CANの原案者。
いずれもクレバーなハンドリングで驚きの現象を作り出している。SODA CANは缶を選ぶのと、演技後の飲料の後始末に困って実演する気にならないのだが、これはZIPLOCKバッグさえ
あれば可能なのでポイントが高い。しかもインパクトが強い割に簡単。

値段は$25、このDVDには1ネタしかないのでボリューム的には物足りないのが難。
点数は9点。


ジップロック

テーマ : マジックレビュー - ジャンル : 趣味・実用


| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。